私の愛犬の食事について考える事

 

【食事の回数と食べるものについて】

私の愛犬「サム」と「イチロー」はとにかくよく食べます。特にイチロー君は「あんた、そんな小さな体のどこに入るの?」と尋ねるくらいに。
一日の食事タイムは朝と夜の2回、最初のころは夜だけだったのですが、私が食堂の料理の朝の仕込みをしている時に、
2匹揃って「ちょうだい、ちょうだい!」とうるさく言うので、いつの間にか2回になりました。

でも本当は1日の食事は何回がいいのだろうかと私は突然疑問に思い、さっそくインターネットで調べてみることに・・・。
やっぱり2回でよかったみたいです。さらに、ドックフードのことや栄養のバランスのことなども紹介してあってとても参考になりましたが、
私はその記事を読みながらなんとなく釈然としない気持ちになりました。

あんな人間が作った、まるでお菓子のようなものばかり食べて彼らは本当にそれがおいしいと思うのだろうか?と。
私の家は食堂、うちの犬達は店で余った肉や野菜のおかず、ごはん、そして時には骨だって食べます。サムは肉も野菜も好きで
なんでも好き嫌いせずに食べてくれますが、子供のイチロー君は野菜が苦手などと個性があります。
でもドックフードはなんでも一緒、なんだか少しかわいそうな気がします。

【与えてはいけない食べ物について】
近所のおじさんが私にこんなことをアドバイスしてくれました。「鳥の肉はいいけど、皮を食べさせると毛が抜けるよ」とか、
「甘いお菓子を食べさせると死んでしまう」とか。甘いお菓子は何となく解るような気がしますが、本当のところはどうなんでしょうか。
調べて見ると、調理した豚肉でもたまねぎエキスが含まれる物はダメだとか、にんにくを食べ過ぎると酸素吸収力が低下するとか、
けっこう細かいことが書いてあります。まあ、鳥の骨は確かにだめですね、サムも以前鳥の骨を食べていて激しくもどしたことがありました。
でも、そんな事を言ったら近所の生ごみをあさって食べている野良犬達は、その辺の飼い犬よりよっぽと元気なんだけどと思うのですが。

【私の犬の食事についてのまとめ】
私は犬達に一度もドックフードを与えたことがありません。それは私は私なりに犬達の様子を見ながら健康管理をしていこうと思うからです。
私の意見では、ドックフードは確かに安全で犬が健康で長生きできる便利な食べ物だと理解しますが、弊害もあると思います。
それは、犬達の食事に関心がなくなること、観察しなくなることです。
例えば私は豚肉料理を食べさせる時に「どうだ、旨いか、旨いだろう」と犬達に話しかけます。
野菜料理を食べさせようとしてもなかなか食べない時は「野菜も食べないとだめじゃないか」と笑ってみたり。

犬は口がきけません。だから食事に限らず彼らの行動や表情をよく観察しなくてはいけないのです。
私と同居している犬達は私のかけがえのない家族なのですから。

参考:ドッグフード 比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>