私のワンコは現在1歳7カ月、まだまだパピーのような遊び盛りのスコティッシュテリア・ミックスです。ミックスなので本当のスコティッシュテリアよりは足が長く、胴は細く、胸にネクタイのような白い線があります。結婚して主人の住むアメリカに引っ越してから、実家で飼っていた愛犬のスコティッシュテリアがホームシック以上?に恋しく、母とFacetimeで話している時にその名前を呼ぶと、「あれ、おねえちゃんお家にいるの?」と実家の私の部屋に走っていく姿を見て、その夜は涙が流れました。

そんなこともあって常に犬が欲しいと思っていた我が家。あまりの欲しさに知らない犬を見るたびに勝手に名前を付けるゲームを夫婦でしたり(笑)、犬も連れずにドッグパークに通ったりと、今考えるとちょっと情けないような恥ずかしいようなことをしていました。

そしてとうとう私たちはザ・運命のワンコに出会いました。アメリカにはSPCA(Society for the Prevention of Cruelty to Animals、つまり動物に対する虐待防止を目指す団体)が動物の保護・譲渡を行う施設が多数あり、私たちのワンコもサンフランシスコにあるSPCAから譲り受けました。実家で飼っていたのがスコティッシュテリアだったこともあって、SPCAのサイトで「スコティッシュテリア・ミックスの子犬、3か月、里親募集」の文字を見たときは、まだその子の写真もサイトに張られていないのに、見つけたその日にSPCAまで行きました。しかも私はその時、旅行疲れから39℃近い高熱があったのですが、このチャンスを逃したら二度とこの犬種のパピーに会えないと、無理を承知で迎えに行きました。

SPCAに到着してワンコの名前を告げ、連れて来てもらいました。まだ赤ちゃんで予防接種が済んでおらず、職員の方に「床に下ろさないで抱っこしておいてね」と言われ手渡された真っ黒の子犬は、「やっと来てくれたの、ママ!」とばかりに尻尾をぶんぶん振って、顔を一生懸命舐めました。こうしてこのワンコは我が家の一員となったのです。

ここ最近の話なのですが、友達数人と一緒に、猫や犬と期間限定で触れあえる動物園みたいなものに遊びに行きました。
実際どんなものかと思ったのですが、とりあえず犬も猫もたくさんの種類が居て
また外で行われているためノビノビと走り回ってる動物を見れるのはとても癒されました。

遊びにった友達は三人だったのですが、一人がとても犬嫌いで、今回犬嫌いを克服するという意味も込めて
この触れ合い動物園へとむかったのですが、とりあえず彼女は小型犬すらも最初怖がりました。
昔噛まれた事があったらし、それのトラウマから、小型犬すらも本気で噛んでくるというのが印象に残ってしまい。
どうしても触れなかったのです。

犬と猫二つコースがわかれており、私たちは主に犬のところに居たのですが
小型犬、中型犬、大型犬と三種類にわかれており、とりあえず、最初は小型犬からと友達三人で入って触れあっていました。
小型犬も駄目だと言われながらも、数十分ぐらいでしょうかたった時にはやっと触れるようになっていたのを覚えています。
やはりこういう場所の犬や猫は人馴れしているのでしょうか、凄い愛想も良く抱っこなんかも嫌がられず、できました。

この調子でということで、中型犬のほうも入って、数十分たてば馴れて、みたいな感じのを繰り返していたのですが
最後大型犬の高い折が囲われた場所に入ろうとしたのですが、扉を開いて入った瞬間と同時に大型犬が一匹脱走してしまい。
私達も慌てて出ようとおもったのですが、折に閉じ込められてしまいでれなくなったのです。
興奮した大型犬に驚きはしたもののそれでも全然噛んできたりとかほえられたりすることは無く
ああ、やっぱり犬は賢いなと感じた瞬間でした。

その一件以来友達も犬嫌いを克服してこういうふれあい系のところに行ってみるて克服出来たりもするのだということを感じました。

今から30年くらい前に飼っていた実家の犬(猟犬で犬種はセッター)のお話です。
家の近くに河原があったので夕方学校から帰って来くると犬を散歩しに
行っていたのですが、その頃はリードを放して自由に走らせていました。
今思うとリードを放しての散歩は如何なものかと思いますが、
昔はそこまで規制もなかったので特にいけない事とも思わず普通にやっていました。
(今は絶対にやりません。反省しています)
その日はとても暑い日でしたが、いつものように愛犬のリードを途中から
放して自由にさせていたら犬が急に見当たらなくなってしまったのです。
河原をいくら探しても見つからず、何処へ行ったのか…
少し遠くに目をやったら、川で何か動く物がいたのです。

く見ると犬が川を横断しているじゃないですか!
川の横幅は100メートル
以上
で発見した時は
既にこちら岸と向こう岸とのちょうど真ん中くらいまで泳いでしまっていました

子供心にこれはまずい!と思い、とにかく犬の名前を何度も何度も叫びましたが
何かに取りつかれたようにどんどん泳いで行ってしまいます。
更に叫んでいたら我に返ったのか「ハッ!」とした感じでその場で立とうとし、
今度は溺れたまま流されて行ってしまいました。
川の流れに沿いながら岸部から走って名前を叫ぶことしか出来ない私はパニックになり、誰かに知らせようと15分以上はかかる家へ走りその場を立ち去りました。
走り続けて家に着くかつかないかくらいの所だったででしょうか、
背後からタッタッタッ、タッタッタッと音が聞こえてきたので振り返ると、
溺れて流されていた犬が血相変えて猛ダッシュで走ってきていました

無事で良かったと胸をなでおろしましたが、
子供の私には結構ショッキングな出来事で今でもあの時の事は鮮明に覚えています。
大人になった今は
犬も無事だったので
ちょっとした笑い話
です

 

犬は時に、人間には理解しがたい行動をとったりするものです。
愛犬の名前はベル、ポメラニアンの女の子。家に来た時から犬という自覚の欠片さえ全然なく、本人は何気なくやっている行動が、周りから見てみれば不思議な行動に思えたりと笑いは常に愛犬にありました。
その中でも特に印象的な出来事があります。犬はもともと雑食か肉食かそれとも草食かと聞かれたら、
悩んだ挙句雑食?と答えを出してしまうでしょう。
正解は肉食。でも、犬はもともとオオカミ科に属し群れで狩りをしながら生活をしていました。なので、野菜を食べたとしても上手く消化できずにすぐ体外へ排出してしまうと聞いたことがありました。
愛犬の体に悪い訳でもなく、毒になる訳でもなくあまり食べさせない方がいいと言われる程度だそうです。
でも、ベルはいつどこで誰が悪癖をつけてしまったのか野菜を好んで食べるようになっていました。もちろん犬にとって中毒死してしまう恐れのある、玉ねぎは除きトマトやキャベツ、きゅうり、その他葉っぱ類。
リンゴやみかんなどの果物系も大好き。野菜室を開けて材料を確認する母の横に同じように座って行方を見守る愛犬の姿を何度も見て来ました。
それだけでは満足できず、台所に立ち野菜を刻み始めると野菜を刻む音に合わせてベルもジャンプジャンプ。
犬の高跳び競技があると優勝間違いなしのジャンププレーでした。キャベツやチンゲン菜など青野菜がとにかく大好きで、鍋に投入するまで目でその動きを追いかけ続けていました。
欲しい気持ちが抑えきれず、着地し損ねズテっと派手に転ぶ時も中にはありました。ポメラニアンはもともと骨格が弱く、椅子から飛び降りたり高くジャンプした時でさえ手足や体にかかるダメージが大きく、骨折の危険があるほどです。
でも、幸いにも今のところ骨折などなく、そのような強い骨格が築けたのも野菜効果なのかも知れません。
ご飯の時間が近づくたび、今日も冷蔵庫の前で愛犬が待ち受けていることでしょう。